MENU

やばい?熊本学園大学が半導体フィーバーで一般入試など難化か?

熊本学園大学に関する「やばい」という言葉がネット上で見受けられますが、この「やばい」が指す内容は何でしょうか?

一部では、学校の偏差値やサークル活動、就職実績などに対する誤解や不安を示すものとなっています。

しかし、熊本学園大学の実際は、半導体フィーバーにより注目される熊本県内で、さまざまな分野でその価値を発揮しています。

この記事では、熊本学園大学についての「やばい」という言葉の背景にある真実を解き明かし、偏差値、就職実績、サークル活動、特待生制度など、学生生活の様々な側面を深掘りしていきます。

熊本学園大学がどのような大学なのか、そしてその魅力や実際の姿を、詳細にわたりご紹介していきましょう。

ポイント

  1. 「熊本学園大学 やばい」という検索背景にある誤解や不安の正体
  2. 熊本学園大学の偏差値とその位置づけ、同レベルの大学情報
  3. 就職実績、特に公務員や金融機関、半導体業界への強み
  4. サークル活動の現状と学生生活の充実度
目次

熊本学園大学はやばい?

偏差値:一般入試は難しい?底辺Fラン?

熊本学園大学の偏差値について35~45となっています。

これは、底辺と呼ばれるFランク大学と比較すると、少し上の位置づけにあることを意味します。

同じレベルの大学は東海大学や大東文化大学、久留米大学、江戸川大学、関東学院大学、京都橘大学、大阪経済大学などがあります。

一方で、一般入試の難易度は、受験者数や合格基準にもよりますが、全体的に見て競争率は2倍弱です。

学部 倍率
商学部 1.8
経済学部 2.2
外国語学部 1.5
社会福祉学部1部 1.9

これは、半数程度の受験生が不合格となることを示しており、必ずしも容易に合格できるわけではありません。

したがって、熊本学園大学を目指す場合、十分な準備と努力が必要です。

熊本学園大学の就職先:公務員、福祉、金融機関

熊本学園大学の卒業生は、幅広い業界への就職が可能です。

特に、公務員や金融機関、福祉関連の職に強みを持っています。

近年では、半導体産業がフィーバーを迎える中、技術系の学科以外も広い意味での半導体関連企業への就職も増加傾向にあります。

公務員に関しては、熊本学園大学は九州地方で高い採用実績を誇り、地方公務員や国家公務員への道も開かれています。

福祉分野では、社会福祉士や介護福祉士などの資格を活かした就職が可能で、高い社会貢献度を期待される仕事に就くことができます。

金融機関に至っては、熊本県内外の銀行や保険会社などで、多くの卒業生が活躍しています。

これらの実績からも、熊本学園大学は単に学問を学ぶ場ではなく、社会で活躍するための強固な基盤を築くことができる大学であることがわかります。

世界企業TSMC進出でフィーバー中の熊本県。写真は菊陽町の県道30号。

熊本学園大学の学費は安い?特待生制度も人気

熊本学園大学の学費に関しては、他の私立大学と比較しても比較的リーズナブルな設定となっています。

初年度は入学金があり104.5万ですが2年生からは821,500円です。

また、特待生制度を活用することで、学費の負担を大きく減らすことが可能です。

この制度は、一定の成績基準を満たした学生に対して、授業料の全額または半額を免除するというものです。

種別に応じて、入学時から4年間授業料半額が免除される場合や、入学年度のみ授業料半額免除が受けられる場合などがあります。

このような特待生制度は、学業に優れ、意欲的に学びたいと考える学生にとって、非常に大きな支援となります。

したがって、熊本学園大学では、学費に関する心配を少なくして、学業に専念することができる環境が整っています。

出身有名人:地元での社長も多い

熊本学園大学は、卒業生が地元社会で幅広く活躍していることでも知られています。

特に、熊本県内の企業社長の中には、熊本学園大学出身者が多数を占めており、これは大学の強力なネットワークと教育の質の高さを物語っています。

熊本県内企業の社長数(本学出身者)447名

熊本県内企業の社長数No.1卒業生の多くが地元企業や官公庁に就職し、重要なポストを任されています。なかでも熊本県内企業の出身大学別の社長数では447名の本学がトップ。全国の社長数でも、九州・沖縄地域の大学で第10位です。(朝日新聞出版『大学ランキング2024年版(社長の出身ランキング)』をもとに本学が独自集計)公式HPより

また、地元だけでなく全国的に活躍する有名人も輩出しており、政治家、アナウンサー、タレント、スポーツ選手など様々な分野で成功を収めています。

これらの事例から、熊本学園大学では学生一人ひとりのポテンシャルを引き出し、その後の社会での成功に向けてしっかりとサポートしていることがわかります。

地元熊本での強い結びつきを活かしながらも、その枠を超えて多方面で活躍できる基盤を築くことができるのが、熊本学園大学の大きな魅力です。

サークルが盛ん?一部がやんちゃという評判も

熊本学園大学では、学生生活を彩るサークル活動が非常に盛んです。

多種多様なサークルが存在し、音楽、スポーツ、学術、文化など、学生の関心に合わせた活動を選ぶことができます。

学生たちは、サークル活動を通じて、勉強だけでは得られない貴重な体験や友情を深めています。

しかし、中には「やんちゃ」と言われるサークルも一部存在し、過度な飲酒を強要するなどの噂があるため、サークル選びには注意が必要です。

サークル活動は大学生活の充実につながる一方で、自分に合ったサークルを見つけることが大切です。

熊本学園大学では、学生自らが主体となって活動するサークルが多く、参加するかどうかは学生の自由です。

そのため、サークル選びでは自分の興味・関心に合った活動を選び、健全なサークル生活を送ることが推奨されています。

サークルや部活動が多く盛んに行われている。だが、ほぼ多くのサークルは飲みさー。                  口コミサイトより

文化祭などの学校行事が豊富でサークルも他大学に比べ種類が多いのでサークル巡りなどできるかと思います。

全てのサークルは凄く楽しそうで充実していると思う。友達もできるので入っとくのをオススメする

サークルはいくつもあり賑やかなイメージです。飲みサーが多いので見極める必要があります。

その他の評判

就職や進学実績はいい方だと思う。大学からのコネが多い分、いいところに行ける人もいる。

地元では大体の職場には就職できます。ブランドのおかげとおもわれます。

現在就職活動をしている最中だが、インターンシップ情報が多く流れてきたり、就職に向けた講座も開かれたりとサポートは十分であると思います。

熊本を代表する企業への就職率が高い。就職課へ行くことにより相談もしやすく、様々な企業を知ることが出来る。

就職活動のサポートは充実していると思う。しかし、就活に対する自分のやる気次第であり、就活が上手くいく人はサポートをしている就職課などをよく利用している印象である。

大学で、しっかり、青春もしたい、勉強もしたいと言う人に、ピッタリの学科です。私の、場合、良い先生、いい友達に恵まれました。

まとめ:熊本学園大学はやばい?⇒半導体フィーバーの熊本県内で強い大学 

熊本県は近年、半導体産業のフィーバーによって注目を集めており、熊本学園大学の卒業生にはこの分野で活躍する道も広がっています。

大学では、公務員や金融機関への就職に強いとされており、多様な業界での就職実績を持っています。

また、福祉や教育、地方企業への貢献も見逃せません。学生一人ひとりが持つ潜在能力を引き出し、多方面での活躍をサポートする体制が整っています。

熊本学園大学での学びとは、単に知識を深めるだけでなく、将来の夢を実現するための基盤を築くことです。

そのためには、学生自身の努力が不可欠です。積極的に学び、自らの道を切り開くことで、熊本学園大学での4年間が大きく花開くでしょう。努力次第で、未来に向けた道は大きく開けます。

関連記事

福岡大学は有名大学だけど国立大学なのか私立大学なのか?

やばい?Fラン?白鴎大学は学費が安いし就職も強い優良大学

真実か誤解か?立正大学「やばい」説の全貌を解き明かす

広告で話題の江戸川大学は実は定員割れしたFラン大学ではない

5人受けたら4人が落ちる‼龍谷大学は恥ずかしい大学では全くない‼

  • 熊本学園大学の偏差値は35~45である
  • 底辺Fランク大学よりは少し上の位置づけにある
  • 同じレベルの大学には東海大学や大東文化大学などがある
  • 一般入試の競争率は2倍弱であり、容易に合格できるわけではない
  • 商学部、経済学部、外国語学部など複数の学部が存在する
  • 公務員や金融機関、福祉関連の職に就職の強みがある
  • 半導体産業への就職も増加傾向にある
  • 学費は他の私立大学と比較してリーズナブルである
  • 特待生制度により、学費の負担を減らすことが可能である
  • 地元企業社長の中に熊本学園大学出身者が多数を占める
  • サークル活動が盛んであるが、選び方に注意が必要である
  • 学校行事やサークルの種類が豊富で充実した学生生活が送れる
  • 就職や進学実績が良好である
  • 地元熊本での就職に圧倒的な強さを発揮している
  • TSMCなど半導体産業のフィーバーで注目されている地域に位置する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次